注目キーワード

日米友好の懸け橋になった人物「ジョン万次郎」

ジョン万次郎をご存知ですか?幕末や明治の偉人に影響を与えたとてもすごい人物です。

今回はそんなジョン万次郎の生涯を詳しく解説していきます。

14歳で遭難

文政10(1827)年、土佐の中浜の貧しい漁師の次男坊として生まれた万次郎。

ある日、仲間と漁に出た時遭難してしまいます。

「鳥島」という無人島に漂着した万次郎達。143日もの間、過酷なサバイバル生活をして生き延びました。

そこへアメリカの捕鯨船、ジョン・ハウランド号がたまたま通りかかりました。

乗組員に助けられ、九死に一生を得た万次郎達。

助けられた万次郎達は船でハワイへ。

当時日本は鎖国の真っ最中で、外国船は近づけず、帰国しても命の保証がありませんでした。

そこで万次郎はある決断をします。

それはアメリカ本土へと渡る事でした。

こうして万次郎はアメリカ本土に足を踏み入れた初めての日本人となります。

その際にジョン・ホーランド号にちなんで、ジョン・マンと呼ばれるようになりました。

仲間たちはハワイに留まる事にしました。

アメリカでの生活

捕鯨航海を終えた万次郎は、ホイットフィールド船長の養子となってアメリカで暮らしました。

彼はとても頭がよく、オックスフォード学校に入学、そしてバートレット私塾で英語・数学・航海術・造船技術を学びました。

アメリカで民主主義や男女平等など、そして民主差別など、日本にはない新鮮な概念に触れていきました。

万次郎、帰国

10年間アメリカで暮らしていた万次郎でしたが、故郷が恋しくなったのか帰国することに決めました。

万次郎はゴールドラッシュに沸くカリフォルニア州で、砂金を採掘して旅費を稼ぎました。

その後ホノルルに渡り、漁師仲間たちと共に捕鯨船「アドベンチャー号」を購入。

そして琉球へ上陸します。

島津斉彬との出会い

当時薩摩藩に服属していた琉球。万次郎は薩摩へと送られました。

藩主・斉彬は西洋文化に興味津々で、万次郎に海外の情勢や文化について尋ねました。

斉彬はその知識を藩士や船大工に教え、和洋折衷の越通船を建造させました。

万次郎の英語・造船知識に目を付けた斉彬は、彼を洋学校の英語講師として招きました。

その後長崎に送られた万次郎は奉行所で様々な尋問を受けました。そして故郷の土佐へと向かいます。

土佐藩に取り立てられる

土佐へ帰ると土佐藩の士分に取り立てられ藩校「教授館」の教授に任命されました。

嘉永6年(1853年)、幕府は黒船来航により、アメリカの知識を必要としていた幕府。

万次郎は幕府に招聘され、直参の旗本の身分を与えられると、軍艦教授所教授に任命されます。

そこで造船の指揮、測量術、航海術の指導に当たりました。

再びアメリカへ

万延元年(1860年)遣米使節団の1人として、威臨丸で再びアメリカへと渡った万次郎。

使節の通訳としての大任を果たし、帰国しました。

その後の活躍

帰国後万次郎は、捕鯨活動や薩摩藩開成所の教授就任、東京大学の前身「開成学校」の教授に就任するなど日本の為に精力的に動きました。

そして普仏戦争視察団としてニューヨークに滞在したときに、義理の父であるホイットフィールド船長と再会。

20年ぶりの再会を祝して万次郎は身に着けた日本刀を船長に贈ったそうです。

こうして教育者として生きた万次郎は1898年、71歳でこの世を去りました。

万次郎の英語の覚え方

万次郎は日本初の英会話入門書 「英米対話捷径」を書いています。

万次郎の英語の覚え方は独特で、耳で聞こえた音をそのまま発音、表記していました。 (「sunday」を「サンレイ「Mornig」を「モウレイ」など)

とても独特な覚え方ですが、入ってきた音をそのまま再現していたため、アメリカ英語の発音に非常に近かったと言われています。

ジョン万次郎 (人物文庫) [ 童門冬二 ]

価格:858円
(2019/11/8 17:43時点)

最新情報をチェックしよう!