注目キーワード

不老不死?タイムトラベラー?謎多き人物「サンジェルマン伯爵」

人間の永遠の夢、不老不死。21世紀になり人間の寿命は大幅に伸びましたが、いまだに不老不死は実現していません。

しかしはるか昔の18世紀のヨーロッパに「不老不死」と呼ばれた男がいました。「サンジェルマン伯爵」です。

謎多き出自

出生から謎だらけのサンジェルマン伯爵、どこで生まれ育ったかは判明しておらず、一説ではスペイン王妃マリー=アンヌ・ド・ヌブールと貴族メルガル伯爵の私生児とも言われています。

彼の半生についても不明な点が多く、伯爵が有名ななったのは1758年フランス社交界にデビューした事がきっかけでした。

この時伯爵は67歳。しかしこれも本当かどうか疑わしく、どう見ても30台にしか見えなかったそうです。

社交界の人気者に

パリの社交界で瞬く間に人気者になったサンジェルマン伯爵。その理由は「生命の水」にありました。この「生命の水」若返り効果があるらしく、伯爵本人も「自分は4000歳だ。長生きできるのは賢者の石を液化した「生命の水」があるからだ」と公言していたからだそうです。

しかし当然信じない人もいました。ある時懐疑派の1人が伯爵の召使にこう言いました。

「いくらなんでも、4000歳は嘘だろう」と。

すると召使は平然と答えました。

「そうかもしれません。私は主人に仕えるようになってまだ100年しか経っていませんから。100年前主人は3000歳だと言っておりました」と言ったそうです。

ルイ15世との出会い

そんなサンジェルマンの噂を耳にした駐仏オーストリア大使はその事をルイ15世に話しました。興味を持った国王は伯爵との面会を希望。

当日、現れたサンジェルマンは国王に頭を下げると、ポケットから何かを取り出し、テーブルに置きました。それはダイヤモンドでした。

「このダイヤモンドはどこで手に入れたのか?」そう問うた国王にサンジェルマンはこう言いました。

「これは私がつくったものです」と。そして十字軍に参加した事を懐かしそうに話し始めたそうです。

フランスでの生活

ルイ15世に気に入られたサンジェルマンは、シャンボール城を譲り受け、従者と共に貴族のような暮らしをしていました。

伯爵は城で錬金術の研究や芸術活動を行っていたといいます。美術に長けていたサンジェルマンは見た事のないような色を次々と生み出していったそうです。

また筆致を見るだけで誰の作品かも言い当てることができたといいます。

しかしそんなサンジェルマンを良く思わない者もいました。ルイ15世の重臣、ショワズール公爵です。

ショワズールの策略

ショワズール公爵はなんとかサンジェルマンの評判を落とそうと画策しました。ゴヴという道化師を雇い、サンジェルマンに変装させると各地でホラ話を吹聴させたのです。

しかし、その企みはすぐに露見。サンジェルマンの威光はさらに増してしまいました。

しかし1760年、サンジェルマンはスパイ容疑によって宮廷から厄介払いされてしまいます。

一説によるとフランスの軍資金調達の為密使としてユダヤ人の商人のもとに向かったサンジェルマンが、イギリスの同盟国と和平工作をしていたから、だそうです。

放浪生活

この追放によってサンジェルマンはイギリスへと逃亡。しかし軟禁状態におかれた為、今度はブリュッセルへ向かいます。

しかし、ショワズールの流した中傷はここでも広まっていました。その後、各地を放浪しますがもはや彼はペテン師であり、誰も手を差し伸べるものはいませんでした。

エッカーンフェルデでの生活、そして死去?

そんなサンジェルマンに救いの手を差し伸べる人物が現れました。その名はカール・フォン・ヘッセン=カッセルです。彼はドイツの名門の出であり、デンマーク王所とも結婚しており、デンマークの権力者の1人でした。

カッセルはフリーメイソンのメンバーでもあったため、錬金術や自然科学に詳しいサンジェルマンを気に入り、パトロンになることを申し出たのでした。

カッセルは自分の居城にほど近い港町、エッカーンフェルデにサンジェルマンを招きました。彼の染料に関する知識で、陶器産業を発展させようと考えたのです。

しかし陶器産業は軌道にのらず、サンジェルマンはリウマチにかかってしまいました。

そして1784年、サンジェルマンはこの世を去り、聖ニコライ教会に埋葬されました。93歳でした。

死後も目撃されるサンジェルマン伯爵

サンジェルマン伯爵が亡くなった後も彼の姿を見たという者がいました。

1789年、マリーアントワネットはある匿名の手紙を受け取ったといいます。そして翌年の1790年、フランス革命の年にはあちこちで伯爵の姿を見たという者が現れました。

パリの至る所で目撃されたそうですが、中でもギロチンのあるクレーブ広場に頻繁に現れたといいます。

さらに1815年にはナポレオンの前に赤い服をまとって現れたとか、イギリスのチャーチル首相にドイツとの交戦の心得を授けたとか、1984年から日本に滞在しているとか、様々な目撃情報がありました。

目撃情報が時代も場所もばらつきがあるためか、「サンジェルマン伯爵は実はタイムトラベラーでは?」という都市伝説まで誕生してしまいました。

もしかしたら今でもサンジェルマン伯爵は生きていているのかもしれません。

【中古】【全品5倍】ドリフターズ <1-6巻セット> / 平野耕太(コミックセット)

価格:650円
(2019/11/8 17:30時点)

最新情報をチェックしよう!